ウォシュレットトイレの水漏れ原因

ウォシュレットトイレの水漏れ原因 現代では一般的に使用されているウォシュレットですが、利用者が多くトラブルが発生したときは困ります。ウォシュレットの原因は自分で把握できるケースもあれば、何が原因か分からないケースも少なくありません。また、一時的な症状で済む場合もあるので、原因をいち早く知ることが大切です。トラブルとしては、ノズルから水漏れするトラブルは特に多く、早めに対策しないと水の漏れがひどくなり、余分な水道代がかかるケースもあるので注意が必要です。万が一の事態を避けるためにも、ウォシュレットのトラブルに対応できるように備えておきましょう。水が漏れる原因は多岐にわたるので、ここでは水が漏れる原因を紹介します。

■リモコンが原因のトイレ水漏れ

よくある水が漏れる原因として、リモコンの電池切れがあります。ノズルから水が放出され続け、ボタンを押しても止まらない場合は電池切れを疑いましょう。ちなみに、便座の横に操作ボタンが据え付けられているタイプだと、電源を取るため電池切れが発生することはありません。トイレの壁にリモコンを付けるタイプだと、電池切れが起こります。
壁掛けタイプで、なおかつボタンを押しても止まらない場合や、反応が悪い、動かないなどの現象が起こったら電池交換を試しましょう。リモコンの電池を交換しても改善しない場合は、ノズル部分が故障している可能性があります。電気系統になり、自分で修理するのは難しいため、業者に依頼して直してもらいましょう。

■ノズルが原因のトイレ水漏れ
乾電池を交換しても解決しない場合、ノズル内にある弁の故障が原因になります。ノズルの中には、水の行き来をコントロールする弁が入っており、防水機能はついているものの、長時間水場に触れることになるため、システムが正常に動かなくなるのです。また、ウォシュレットのノズルが出たままの状態になり、元の状態に戻らないときはスプリングの故障が疑われます。
スプリングが伸びきったり、外れたりすると元の状態には戻りません。手で押し込むと戻るときもありますが、押しても戻らない場合は業者に依頼して見てもらいましょう。自分で修理できる場合もありますが、電気系統が故障している場合は感電する可能性もあるので注意が必要です。

■本体が原因のトイレ水漏れ

水漏れはノズルだけでなく、ウォシュレットの本体部分から漏水する場合があります。便座の脇から水が漏れ、給水管や便器をつたって床に水が漏れるのが一般的です。本体が故障する場合、本体の中に固定されている細いホースが切れてしまうと、ノズルまで水が届きません。本体内部で漏水して場合、放置すると床にどんどん浸水して床が腐食することや下の階に漏水することもあります。
便座の脇からぽたぽた水がこぼれて止まらなくなるのは、水抜き栓に原因があるケースもあります。原因として多いのは、付属しているOリングの劣化です。一般家庭では対処が難しいため、水道修理業者に依頼しましょう。また、ウォシュレットを無理に取り外そうとして破損させ、漏電が起こり火災になるケースもあります。トラブルがより大きくなる場合もあるので早めの対策が必要です。

■まとめ
ウォシュレット 水漏れには、さまざまな原因があります。水と電気を同時に取り扱う機械なので、使用においてはリスクが無視できません。少しでも異変を感じる場合は、使用を止めて業者に見てもらいましょう。点検無料で見てくれる業者もあるので、有効に活用しましょう。
また、集合住宅でウォシュレットの故障を放置していると、水が溢れ出して、近隣に住んでいる家の人の部屋にも水が溢れ出ます。近隣トラブルに発展することもあるので、早めの対策を心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース