水漏れでトイレ交換する注意点

トイレに使用されている部品類の一般的な寿命は10年程度と言われており、それ以降はトラブルが起こりやすくなります。適性時期が来たら自主的に交換するのが望ましいですが、故障してない状態なら余分な費用もかかりません。ここでは、水漏れでトイレ交換する注意点を紹介します。

■水漏れでトイレ交換するポイント

交換するときに気を付けたいのは、配水管の設置位置になります。一戸建てや集合住宅で使用されている床排水タイプの場合は、床にある排水位置がトイレによって変わるため、新調すると床工事が必要です。自分で工事するのは難しいため、水道修理業者に依頼するのが一般的になります。
一部のマンションでは、壁に向かって排水する壁排水タイプの場合があります。排水の高さは120mmと155mmのタイプがあるので、同じ高さのトイレにしなければなりません。

■水漏れでトイレ交換する上で知っておきたいこと

トイレの交換では、リフォームを兼ねて行うのが一般的です。便座交換だけでなく、手すりの設置や手洗い設置、内装リフォームなど幅広いリフォームができます。

ウォシュレットの水漏れ交換でトイレそのものを替える場合は、他にリフォームしたい場所も、一緒に替える方がお得なケースが多いです。ただし、リフォームをする場合は面積の狭さと壁材や床材選びに気をつけ、業者に相談してから決めましょう。

■まとめ
水漏れでトイレ交換する場合に、便器周辺の劣化が著しいときはリフォームも合わせて検討するのも良いでしょう。また、トイレのタイプによって交換にかかる費用や時間も変わるため、無料見積もりを利用して確認しておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ